住基ネットにおける
個人情報漏洩の手法

◇このSlideは、東京都多摩市に対する行政不服審査法にもとづく審査請求(*注)
 のために作成した補佐人意見書で、2003年9月10日、東京都庁で行なわれた
 意見陳述の際、東京都に提出したものです。

 *注:「住民票コード付番」を不当とするもので、多摩市の棄却・却下の決定を
    受けて東京都に審査請求中。

◇Slide(ページの画像部分)の内容は補佐人西邑個人の意見であり、
 直接本件審査請求人の意見を代理・表明するものではありません。

◇各ページの「解説」「もくじ」部分などは、Web上での公開のために付加したものです。

  *このスライドの主要内容は画像データで構成されています。
   各ページの画像データサイズは、7〜23kバイトです

  *たいへんもうしわけありませんが、このSlideはスクリーンリーダーには対応していません。
   スクリーンリーダーをご利用の方は、お手数ですが西邑までご相談ください(問合先:nisimura@jca.apc.org)

 


Slide 01



 

*意見書(画像)部分の一括ダウンロード(解説部分は含みません/305kバイト、PDF版)→ クリック

●もくじ(Slide番号でジャンプ)

01:Wondowsのセキュリティホールを 利用した個人情報漏洩の手法

02:MSブラスターウイルス感染が明らかにした 個人情報漏洩ルートの存在

03:Windowsのセキュリティホールを利用して 住基ネットの個人情報を外部漏洩する手法 1

04:Windowsのセキュリティホールを利用して 住基ネットの個人情報を外部漏洩する手法 2

05:住基ネットのセキュリティ的な問題点 (MSブラスターウイルス事件が明らかにした現状)

06:結論(1)セキュリティ問題について

07:結論(2) プライバシーの保障について