ウイニーの不幸/ウィニーの成熟
はじめに
シリーズ 01
2006.4.15 西邑 亨

© Nishimura,Tohru



僕はこのレポートで、Winny(ウィニー)についてかなり肯定的なことを書くことになるはずだ。
だけどWinnyの利用を勧めるつもりはない。
むしろ、「周知のセキュリティホールが2年間も埋められていないソフト」
だという意味では、とても利用を勧められるものではない。
また、僕が知っている限りWinnyは実験的なシステムなので、
決して使いやすいものでもないし、
使いたい機能を豊富に提供してくれるものでもない。
プライバシーや著作権やネットワークの将来について、よく考えたツールでもない。
初めにこのことをはっきり書いておきます。

■不幸

実験的なシステムとして作られたWinnyが、本格的なシステム――ネットワーク社会を構成する実用システムとして成熟する前にその成長を止められてしまったことは、私たちにとってすごく不幸なことだ。また、Winnyのプログラムが重大なセキュリティホールを抱えながら、その修正(バージョンアップ)を禁止された状態で広範な人たちの手に渡り長期間使われ続けてきていることも、私たちにとってすごく不幸なことだ。
 Winnyをめぐる一連の情報漏洩事件は、日本の行政および企業などにおける情報セキュリティ対策のゆがみを的確に指摘する結果になったが、それは「Winny危険説」を拡大する方向にだけ導かれ、日本における特に行政ネットワークの安全水準を高める積極的な政策に結びつかなかった。これも私たちにとって不幸なことだ。
Winny公開以降行われてきた警察と日本政府の一連の対応には、バージョンアップの長期にわたる禁止など、明らかに適切ではないことがいくつも含まれているし、それらはことごとく、Winnyが提起したネットワーク社会の「新しい課題」から行政の目をそらせる結果を招いている。そして、一連の「情報漏洩事件」に対する日本政府の対策は、現在の日本の行政ネットワークにおける情報セキュリティ水準を実効性のある形で改善するものではなかった

■対立

Winnyが私たちに提起したことは、ネットワーク社会において「個人情報――プライバシー」をどのように位置づけるか、という課題だった。Winnyは「個人情報」――発信者と受信者を特定する情報を、「情報の自由な流通と共有」にとって必要な情報ではないという立場で設計されている(可能ならできるだけ情報を持たないようにし、必要な場合でも暗号化するようにしている)。
 そこには問題があるという意見もあり得る。だけど確実に言えることは、こうした設計思想が発展することは日本の市民社会における「ネットワーク上でのプライバシー」あるいは「情報人権」についての理解を、具体的な形で深めてくれる――ということだ。そのような発展と理解は、監視社会を超える「対話と共存のネットワーク」形成において、とても重要な要素になるだろう。
 これに対して、近年の日本政府の政策に現れている「ネットワーク」では、「個人の特定に依存した」既存の社会秩序の強化と拡大が目指されているように見える。これはすでに深刻化しつつある「監視社会」の問題――そのうちでも特に国家による監視の問題を、さらに危機的なものとしていくだろう。
未成熟な(実験的な)ソフトウェアであるWinnyは、日本政府のこうした「ネットワーク政策」――Winny自身の設計思想とは鋭く対立する要素を持つ「既存の価値観(社会秩序・法制度)」と「共存」していくための機能が付加される前に、広範な人たちの間に普及してしまった。政府はこうしたWinnyをその未熟さゆえに敵視しているように見える。そこでは、ネットワーク社会をめぐる行政と市民社会の「対立の構図」だけが強調されている。
 現在のWinnyをめぐる過熱気味のマスコミ報道や社会の関心は、こうした日本のネットワーク社会が抱えている深刻な課題を十分理解しているようには見えない。

■成熟/共存

「Winny的なもの――ネットワーク的なもの」は、これからのネットワーク社会の深化の過程で、私たちの市民社会にとってすごく重要な存在になる。Winnyはネットワーク社会のいいところをすごくすなおに表現(実現)しようとしている。
 だけどそれは現在、「国家」と対立する構図に落ち込んでしまっている。僕はWinnyに成熟してほしいと思う。そのためにWinnyは、「既存の価値観(秩序)」と共存するすべを身につける必要があるだろう。
 同じことは日本政府――国家の側にも言える。新しく形成されつつある「ネットワーク社会」に国家(行政)がうまく適応するためには、「Winny的なもの――ネットワーク的なもの」と共存する方法を、国家の側もまた身につけることが必要なのだ。

ページトップへ 次のページ